■企業情報  ■会社概要  ■企業プロフィール  ■地図・アクセス  ■柴田昌治からのメッセージ  ■代表メッセージ
■プロセスデザイナー紹介  ■登録商標一覧
トップ企業情報→代表メッセージ

企業情報:代表メッセージ

企業の健全な成長に貢献する存在でありたい

スコラ・コンサルト代表
プロセスデザイナー 高橋秀紀

スコラ・コンサルト代表 高橋秀紀スコラ・コンサルトという会社は、企業の健全な成長と存続に貢献できる存在でありたい、と私は考えています。たとえて言うなら「医療システム」でしょうか。

医療の目的は「治療」だけではなく、人が心身ともに健康で実りある人生を全うすること(QOL)にあるのだと思います。その目的を成すために、予防や早期発見を促す健康診断、過度な費用負担を失くした国民皆保険など、多くの人が安心して医療を受けることができるしくみがつくられ、社会に根づいていきました。

 

「組織風土改革」のめざす姿は、企業や人が、そのビジネス(仕事)を通じて社会に貢献し、信頼と共感を得、それと同時に自らの成長を実感できる姿です。

「医療」が健康を守ることに対して安心と信頼を提供しているように、「組織風土」は「人と企業が本質において誠実であることで健全に成長し、社会に貢献をし続ける」ための土壌となるものです。

 

このような組織風土は、短期の集中的な取組みで実現するものではありません。経営者(リーダー)がぶれない意思を持ち、必要な時間と労力をかけることではじめて、社員も本気になっていきます。

 

だからこそ私たちスコラ・コンサルトは、お客様が持続的に組織風土改革に取り組むことができるサービスと、かけた時間や労力以上のコンサルティング品質を皆様へ提供してまいります。そして、「企業にとって最適なパートナーとは?」という命題に常に向き合いながら、コンサルティングサービスのあるべき姿の追求に、責任をもって全力で取り組んでいく必要があると考えています。


仕事の場をダイナミックな学習環境にする

スコラ・コンサルト代表
プロセスデザイナー 水迫 洋子

スコラ・コンサルト代表 水迫洋子 このまま流されていくのが不安で、もっと自分の意思を入れて将来を考えたいと思っても、先生や周りの大人たちは「余計なことを考えないで目の前の勉強に集中しなさい」と言う。

 

「いったい誰に話せばいいのか」と、ひとり悩んでいる子供がいます。

よりよい答えがほしいのではなく、自分で答えを出すために、思いを人にぶつけて聞いてもらいたいのです。

 

自分ひとりでは現状を変えようがないから黙ってあきらめの常識を身につける。勉強したり働いたりといった普通の営みの中に、そんな「負の学習」を強いる環境があるとしたら、子供であろうと大人であろうと、人は生きている喜びを味わうことができません。

 

問題ならば見て見ぬふりをしない、誰かが困っていれば思わず助ける、自分の仕事だから工夫して考え抜いてものにする、答えのないことはあれこれ試してみる、といった人の素直な発展や向上への意欲は、本来“そこにとどまる”ものではありません。現状がよりよく変わりうるものだと身をもって学ぶことこそが人の生き方を前向きにします。

 

意味や目的も考えずに仕事をこなすのではなく、身体を使って多様な人やコトと対話をしながら答えをつくり出していく、その納得感と自信が伴うことでおのずと促進されていくのが、生きているダイナミックな「正の学習」です。

 

そういう学習風土をつくることに使命をもって、人が人らしく生きられる組織や社会にしていけたらといつも思っています。

 

 

東京都品川区東五反田5-10-25 さいせい池田山ビル3F
TEL 03-5420-6251

株式会社スコラ・コンサルト

 

Copyright (C) Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.