■出版・エッセイ  ■出版物  ■愛読者カード  ■新聞・雑誌・PR誌  ■コラム(執筆者別)  ■コラム(タイトル別)
トップ出版・エッセイ→出版物

出版・エッセイ:出版物


スコラ・コンサルトの出版物



地方が元気になる 自治体経営を変える改善活動
『地方が元気になる 自治体経営を変える改善運動』
(東洋経済新報社)
『地方が元気になる 自治体経営を変える改善運動』

【編著】自治体改善マネジメント研究会代表 元吉由紀子
【発行】東洋経済新報社/2015年
【価格】2300円(税別)
 
愛読者カードを書く

下記サイト経由でご購入ください。
▼自治体改善の輪(自治体改善マネジメント研究会)
http://p-kaizen-management.wix.com/p-kaizen-no-wa#!about-1/casq

自治体職員、首長、必読の書。
民間では当たり前の改善運動が地方自治体ではなぜ盛り上がらないのか?

行政経営デザイナー元吉由紀子と各自治体で長年改善運動を推進してきた熱き職員6名が「自治体改善マネジメント研究会」を結成し、7都市の取り組み事例を分析。首長のリーダーシップのもと、トップダウンの経営改革とボトムアップの改善運動をうまく連動して「改善運動」を成功させた秘訣を具体的に解説。
共著者は、三重県、横浜市、福岡市、中野区、さいたま市、所沢市の職員です。

▼自治体改善の輪(自治体改善マネジメント研究会)
http://p-kaizen-management.wix.com/p-kaizen-no-wa#!about-1/casq



『クロネコヤマト 人の育て方』
『クロネコヤマト 人の育て方』
(KADOKAWA/中経出版)
『クロネコヤマト 人の育て方』

【著者】水迫洋子
【発行】KADOKAWA/中経出版/2015年
【価格】1400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

「全員経営」のヤマトグループが貫いてきた「環境アプローチ」による人材育成とは
「指示待ち社員」では今のビジネス環境の変化に対応できない。「自分で考えてお客さまに個別対応する」セールスドライバーをヤマトグループはどのように育てているのか。「教える」のではなく「人が自ら育つ機会・環境をつくる」という持続的な成長支援の取り組みを、主要な4つの環境領域で、現場の感情や動きと重ねながらわかりやすく紹介。



『成果を出す会社はどう考えどう動くのか』
『成果を出す会社はどう考えどう動くのか』
(日経BP社)
『成果を出す会社はどう考えどう動くのか』

【著者】柴田昌治
【発行】日経BP社/2014年
【価格】1600円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

リアリティなき経営から脱却するための自己再生のプロセスデザインとは
社員に頑張りだけを求める「精神論的経営体質」で、リアリティを失って迷走する日本企業。「生きた組織」への転換には、どんな自己再生のプロセスが必要なのか。不確実な時代を生き続けるための「軸」を持って、内在する組織の力を引き出し、ゆらぎながら生身の経営に挑戦する6社の考え方、動き方を紹介。



『他人の思考の9割は変えられる』
『他人の思考の9割は変えられる』
(マイナビ新書)
『他人の思考の9割は変えられる』

【著者】與良昌浩
【発行】マイナビ/2014年
【価格】850円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

部下がいきいきと「人が変ったように」自ら考え動き始める方法を紹介
どうすれば部下はやる気になるのか? 何をすれば部下の気持ちに火がつくのか?
オフサイトミーティングを使った企業風土改革の支援や、数千人に対する「ハタモク」という対話の場の実践を通して、人が劇的に変化していく姿を目の当たりにしてきた著者が、パワハラやメンタル対応でがんじがらめの上司に贈る一冊。



『組織(つながり)をつくる技術(テクノロジー)』
『組織(つながり)をつくる技術(テクノロジー)』
(スコラ・コンサルト刊行物)
『組織(つながり)をつくる技術(テクノロジー)
〜イノベーションを生み出すチームワークのリテラシー』

【著者】三好博幸
【発行】スコラ・コンサルト/2013年
【体裁】B5判(2色刷) 194頁
★非市販書です。
著者からのメッセージ

組織イノベーションのための高次な「つながり」の技術書
スコラ式組織風土改革は、経営・社員のチームワークが働かない機能不全の組織を「信頼で結ばれたチーム」にしていく組織のイノベーション(つながり革新)です。そのプロセスデザインに用いる多様な「つなぎ」の知恵やノウハウ、技法をテクノロジーとして体系化した技術書です。

【もくじより】

はじめに
序章 第5のイノベーションを生む組織テクノロジー

【第Ⅰ部】コミュニケーションの再構築
1章 なぜ本当の思いや事実を伝えられないのか
2章 本音・事実で話し合う技術

【第Ⅱ部】「つながり」をつくるテクノロジー
3章 人と人をつなぐ技術
4章 人と目的をつなぐ技術
5章 人と行動をつなぐ技術
6章 環境と条件を整える技術

【第Ⅲ部】マクロ運動論
7章 大きな動きにつなぐ技術

エピローグ



『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』
『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』
(日本経済新聞出版社 日経ビジネス人文庫)
『ギスギスした職場はなぜ変わらないのか』

【著者】手塚利男
【発行】日本経済新聞出版社/2013年
【価格】750円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

変革支援者・実践者のための生きた知恵が満載!
著者は、いすゞ自動車の風土改革において、職場の変革コアメンバーから人事部の「全社世話人(=ブラブラ社員)」になり、組織や立場を超えて、さまざまな現場の変革支援に奔走してきた珍しい経歴の持ち主。職場のメンバーと一緒に考えながら柔軟な支援をしてきた経験をもとに、推進部署に頼らず、一社員でもできる変革の手仕事の知恵、ギスギス職場をワクワク働ける職場に変えるチームづくりの秘訣を紹介。 いすゞ自動車の改革ドキュメンタリー『どうやって社員が会社を変えたのか』(柴田昌治・金井壽宏)とあわせてお読みください。



『「使いづらい部下」を上手に使いこなす法』
『「使いづらい部下」を上手に使いこなす法』
(同文館出版 DO BOOKS)
『「使いづらい部下」を上手に使いこなす法』

【著者】野口正明
【発行】同文館出版/2013年
【価格】1,400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

上司の手に余る「とんがった才能」を埋もれさせず、うまくリードしていくためには?
社内常識を温存して変化できない日本企業の閉塞状況を打破できるのは、既成概念にとらわれないで柔軟に考え、大胆に行動できる「とんがり人材」。しかし、彼らは欠点も多いために組織の中では埋もれがち。自己主張が強くて上司の言うことを聞かない、自分なりに納得しなければ動かない、顧客を優先して社内の事情や常識を無視する、何かと新しいことをやりたがる…。そんな上司泣かせの部下の「とんがった才能」とエネルギーを組織の成長に生かしていくための「マネジメントの処方箋」をタイプ別に紹介しています。



『企業変革ドキュメンタリー どうやって社員が会社を変えたのか』
『企業変革ドキュメンタリー どうやって社員が会社を変えたのか』
(日本経済新聞出版社)
『企業変革ドキュメンタリー どうやって社員が会社を変えたのか』

【著者】柴田昌治、金井壽宏
【発行】日本経済新聞出版社/2013年
【価格】1,700円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

『なぜ会社は変われないのか』の実在モデルが登場。改革の中心となった3人のキーマンが「社員の力で会社を変える」冒険的な当時の改革体験を語る、マルティプルボイスのドキュメンタリーです。
バブルの末期、経営危機に直面するいすゞ自動車で繰り広げられた風土改革は、社員発の「社員の力」で会社を再建しようという異色のプロジェクト。それはスコラ・コンサルトが初めて手がけた本格的な風土改革、今日のスコラ式風土改革の原型となるプロセス型アプローチの試みでもありました。
本書は、4章にわたる語り部の独白を、当初からこの改革を見守ってきた神戸大学・金井壽宏氏が回顧しながら解説。失われた20年、チームの崩壊という現代病にむしばまれて進化の時計が止まったままの日本企業に向けて、3人が伝えたいのは、チームワーク不全を克服するための手がかりと改革当事者の知恵です。



『〈スコラ式変革入門〉30代でチームのリーダーになったら最初に読む本 〜リーダーシップ・ルネッサンス!』
『〈スコラ式変革入門〉30代でチームのリーダーになったら最初に読む本 〜リーダーシップ・ルネッサンス』
(東洋経済新報社)
『〈スコラ式変革入門〉30代でチームのリーダーになったら最初に読む本 〜リーダーシップ・ルネッサンス!』

【著者】岡村衡一郎
【発行】東洋経済新報社
【価格】1,500円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

「何を変えたら、いい会社になれるのか」その壁を破ってきた実践知がここにある
変革の原理・原則となる5つのレバレッジを柱に、変革リーダーの実践知、変革ショートストーリー、そして著者・岡村衡一郎がプロセスデザイナーの視点でその実践知を解説。自社の状況に合った箇所から読み進められる構成です。「会社をもっとよくしたい」と奮闘するすべてのリーダーたちへおくる変革実践の入門書です。



〈日経ビジネス人文庫〉『考え抜く社員を増やせ!〜大転換期の「対応力」を育てる法』
考え抜く社員を増やせ!〜大転換期の「対応力」を育てる法
(日本経済新聞出版社)
〈日経ビジネス人文庫〉『考え抜く社員を増やせ! 〜大転換期の「対応力」を育てる法』

【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞出版社/2012年
【価格】680円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

生産性もロイヤリティも低下。「考える力」の空洞化が変化への対応力を奪ってはいないか?
組織の舵取りをするリーダーに、次世代人材育成に悩む方々に。借り物の対応策で間に合わせて「さばく」仕事をしているうちは、本当の「考える力」は育たない。先の見えない難しい時代だからこそ必要な「意味・目的・価値などを事実に基づいて徹底的に考え抜く」習慣を組織の中に育てるための実践法を、経営者候補育成の事例ストーリーにのせて紹介しています。



『期待される役所へ 〜 行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!』
期待される役所へ 〜 行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!
(ぎょうせい)
『期待される役所へ 〜 行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!』

【著者】元吉由紀子
【発行】ぎょうせい
【価格】2,190円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

変わろうとする姿、オープンな協働のパートナーシップで期待される役所になる。
加速する行政改革の水面下で進行する<改革のムリ・改善のムダ・サービスのムラ>。
役所の改革プロセスをチェックリストで総点検して、「仕組み」を生かすマネジメントと改善体質づくりの処方箋を提示。首長から現場の職員まで、「経営の軸」にもとづいて全体最適の改革を実行していくための行政経営バージョンアップの手引書です。



『経営チーム革命 〜トップと連携する「部長」層の新機能〜』
経営チーム革命 〜 トップと連携する「部長」層の新機能
(日本経済新聞出版社)
『経営チーム革命 〜トップと連携する「部長」層の新機能〜』

【著者】長野恭彦
【発行】日本経済新聞出版社/2011年
【価格】1,800円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

イノベーションと風土改革は、右腕と左腕の関係にあります。
本書では、左腕を上手に利かせながら、右腕の事業変革を進めるプロセスと体制を、4社の事例を通じてわかりやすく紹介しています。
2008年リーマンショック以降、成長の限界が見えている本業・事業の立て直し、イノベーションはますます重要な課題になっています。この課題に速やかに着手し、スピーディに実行していくために有効なのが、経営トップと部長層がダイレクトに連携した「戦略的経営チーム」です。
・経営トップをオーナーとした「戦略的経営チーム」をつくる。
・イノベーションをリードするのは、経営層であり現場のトップでもある「部長層」
・先の見えないイノベーションの担い手となるのは、人間味と身体能力にあふれた「アナログ部長」
「部長にはもっと夢があるはずだ」と、一貫して「部長」にこだわってきたプロセスデザイナー長野恭彦のミドルに対する思いもいっぱい詰まった一冊です。



『【超トヨタ式】 「絶対不可能」を可能にする経営 〜 逆転のチェンジingメソッド』
【超トヨタ式】「絶対不可能」を可能にする経営 〜 逆転のチェンジingメソッド
(日本経済新聞出版社)
『超トヨタ式 「絶対不可能」を可能にする経営 〜 逆転のチェンジingメソッド』

【著者】金田秀治・源明典子
【発行】日本経済新聞出版社/2011年
【価格】1,600円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

「業界常識では絶対不可能」なテーマで同質競争を超えていく型破りな差異化戦略
予測不能な環境変化の時代を企業が生き続けていくためには、「今日の業績」向上としての問題解決・改善活動だけではなく、変化の先頭に立って「圧倒的に勝つ」ことを可能にする「明日の準備」の戦略展開が不可欠。本書は、著者の金田秀治が40年にわたって取り組んできた型破りの部門戦略アプローチと展開手法を、はじめて書き起こした「変化のためのテキスト」です。
〈チェンジingメソッド〉のキーである「絶対不可能」テーマの設定とそれを実現するアイデアの見つけ方をはじめ、行動を起こさせるしくみ、チェンジingリーダー育成法、展開の4ステップと推進体制づくり、〈スコラ式風土改革〉と〈チェンジingメソッド〉のコラボ事例など、著者のユニークな視点と知恵が息づく実践の書です。



『究極のV字回復シナリオ どこまで墜ちた企業を救えるのか』
『究極のV字回復シナリオ どこまで墜ちた企業を救えるのか』
(日本経済新聞出版社)
『究極のV字回復シナリオ どこまで墜ちた企業を救えるのか』

【著者】柴田昌治、大川康治
【発行】日本経済新聞出版社/2010年
【価格】1,700円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

放漫経営で破綻した企業が「よりよく生き続ける会社」に生まれ変わる、ホリスティック再生のドラマ。
うちの会社は大丈夫か。社員の不安をよそに綱渡りの経営を続けて、破綻した名門バス会社。再生チームは、黒字化をめざすと同時に、破綻を招いた問題の根源に手を打つ。外科的手法の事業再生と根治的手法の企業風土改革を両輪で進める再生手法で生まれ変わっていく会社の姿を迫真のドラマで描いています。ターンアラウンド・マネジャーとプロセスデザイナーの著者が異色のコラボ。目先のV字回復にとどまらない「真の再生」をめざす、進化形の企業再生の考え方と手法を世に問う話題作。問題を先送りしている潜在破綻企業の「自己診断」と「破綻予防」にもおすすめの書です。



『[衰退産業]崖っぷち会社の起死回生』
『[衰退産業]崖っぷち会社の起死回生』
(日本経済新聞出版社)
『[衰退産業]崖っぷち会社の起死回生』

【著者】遠藤咲子
【発行】日本経済新聞出版社/2010年
【価格】1,800円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

成熟企業にもまだまだ成長の「伸びしろ」はある。崖っぷちから復活するために経営は何を見直したのか?
衰退産業の子会社トップが「あきらめの縮小計画」を捨て、事業と戦力(人・風土)の両輪改革で、社員と一緒に会社を蘇らせていくプロセスを描いた再生のドラマです。山積する問題ばかりに目を向けるのではなく、自社の「強み」を徹底的に探ってポテンシャルを引き出す。市場創造と戦力強化を一体で進めるマネジメントで現場のブレイクスルーを生み出す。経営課題の先送りをやめて利益体質をつくる。判断基準を「顧客本位」に変えることで成熟市場を掘り起こす。ないない尽くしの会社に潜む「回生の底力」を呼び起こす改革をストーリーと解説で紹介しています。



『考え抜く社員を増やせ! 〜 変化に追われるリーダーのための本』
『考え抜く社員を増やせ! 〜 変化に追われるリーダーのための本』
(日本経済新聞出版社)
『考え抜く社員を増やせ! 〜 変化に追われるリーダーのための本』

【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞出版社/2009年
【価格】1,200円(税別)
※〈日経ビジネス人文庫〉もあります。
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

「自分の頭で考えろ」と言いつつ、ますます考える余裕を奪ってはいないか?
変化に追われる企業のリーダーに、人材育成に悩む方々に。借り物の対応策で間に合わせて「さばく」仕事をしているうちは、本当の「考える力」は育たない。「考える」とは、「どう考えるか」の思考術ではなく、「何について考えるのか」の実践法。そのプロセスを通じて、明日のリーダーを育てる経営者候補育成の事例を「プロセスデザイナーのコンサル日記」のストーリーにのせて紹介しています。



『スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション』
『スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション』
(日本経済新聞出版社)
『スコラ式風土改革 現場の「知恵」が働くチームイノベーション』

【著者】源明典子
【発行】日本経済新聞出版社/2009年
【価格】1,800円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

いま、知的生産職場でもっとも関心の高い“イノベーションを生み出す知恵とチームワーク”の手法と事例を紹介
机上のプランを練り上げるのではなく、リアルな実行の現場で直面する矛盾や制約と戦いながら知恵を出す「イノベーションワーク」のための環境、チーム、シチュエーションをどのようにつくるのか。風土改革アプローチによる有機的なチームワークを、さらに「現場の知恵」を焦点にして発展させた「チームイノベーション」の実践のプロセスを、じっくりと3つの事例でご紹介します。



『柴田昌治の変革する哲学』
『柴田昌治の変革する哲学』
<日経ビジネス人文庫>
『柴田昌治の変革する哲学』

【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞出版社/2008年
【価格】648円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
著者からのメッセージ

「スコラ式風土改革」の基礎がわかる書
スコラ・コンサルトの取り組む組織風土・体質改革は、どのようなものの見方、考え方、背景の中から生まれ育ってきたのか。人の持つ可能性や特性を大事にしながら経営に生かしていく日本的な変革のあり方、そこから生まれた「コアネットワーク」という概念を軸にして、変革方法のパラダイム転換を世に問いかけた渾身の一冊です。『会社を変える「日本式」最強の法則』(ダイヤモンド社)の骨子をベースに、最新の情報を盛り込んだ「スコラ式風土改革」の基礎がわかる書。



『親会社の天下り人事が子会社をダメにする』
空
空
『親会社の天下り人事が子会社をダメにする』
『親会社の天下り人事が子会社をダメにする』
【著者】佐伯弘文・柴田昌治
【発行】日本経済新聞出版社/2008年
【価格】1,200円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

なかなか光の当たらない「民間版天下り問題」にメスを入れる一冊
天下り先での経営経験を持つ佐伯弘文氏と、天下られた会社の風土・体質改革に関わってきた柴田昌治が、それぞれの立場、現場で見てきた「子会社天下り問題」について熱く語り合った問題深掘り型の対談書。“もの言うふたり”がタブー視されがちなテーマに徹底的に斬り込んでいます。



『アンデルセンが教えてくれる 不思議なほどうまくいく人』
空
空
『アンデルセンが教えてくれる 不思議なほどうまくいく人』
『アンデルセンが教えてくれる 不思議なほどうまくいく人』
【著者】メッテ・ノルガード
【訳者】柴田昌治
【発行】三笠書房/2005年
【価格】1,300円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
同じように仕事をしていても、成功する人とそうでない人がいるのは、なぜ? 本書で取り上げたアンデルセン童話『みにくいアヒルの子』『コガネムシ』『ナイチンゲール』の3つのストーリーを改めて読んでみると、そこには“人間の姿を生々しく伝える深い真理”が読み取れます。各ストーリーには「人間を成長させる」「自分が輝ける舞台を作る」「自分の天職を見つける」ための、「柴田昌治の道しるべ」があります。



『トヨタ式ホワイトカラー革新』
空
空
『トヨタ式ホワイトカラー革新』
『トヨタ式ホワイトカラー革新』
【著者】金田秀治・近藤哲夫
【発行】日本経済新聞出版社/2007年
【価格】1,600円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

ホワイトカラー部門の生産性向上にトヨタ式をどう応用できるのか
グローバル競争を勝ち抜くには製造部門だけでなく、いまこそ生産性の足をひっぱる元凶である事務管理部門・管理職の革新が不可欠。最も遅れ、改革困難で取り残された分野にトヨタ式を応用した紀文、岩手県庁などの実践事例を基に第一人者が初めて説き明かす。



『スコラ式風土改革 どうすれば役所は変われるのか』
空
空
『スコラ式風土改革 どうすれば役所は変われるのか』
『スコラ式風土改革 どうすれば役所は変われるのか』
【著者】元吉由紀子
【発行】日本経済新聞出版社/2007年
【価格】1,800円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

職員の意欲と知恵を引き出し、独自性を生かして地域に根ざした自立経営をしていくための希少な自治体改革の実践書。
地方分権時代、自治体格差のカギを握るのは「改革力」。改革先進自治体と言われる三重県や横浜市は、どういう考え方、どのようなやり方で改革を進めてきたのか。公共分野で風土改革を支援してきたプロセスデザイナーが、三重県や横浜市などの事例を中心に、ステージ別の改革プロセスをつぶさに紹介。



『身の回りからはじめる 職場改革術 〜変化を習慣にする30のヒント〜』
空
空
『身の回りからはじめる 職場改革術 〜変化を習慣にする30のヒント〜』
『身の回りからはじめる 職場改革術 〜変化を習慣にする30のヒント〜』
【著者】宮入小夜子
【発行】日本経団連出版/2007年
【価格】本体1,200円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

手の届くところに改革のネタはある。メンバーを主役にしながら一緒に職場を変えていくヒントを満載
「職場のみんながもっと気持ちよく働ける環境をつくりたい」とお考えのマネジャーや中堅社員の方々のために、半径5メートルの手の届くところから、日々の仕事を通して職場を変えていくための30のヒントをご紹介します。【内容】1)働きがいのある職場にするための基本行動 2)きょうからはじめる職場の改革 3)職場を変えるリーダーシップの発揮



『なぜ社員はやる気をなくしているのか』
空
空
『なぜ社員はやる気をなくしているのか』
『なぜ社員はやる気をなくしているのか』
【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞出版社/2007年
【価格】1,500円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く
※〈日経ビジネス人文庫〉の文庫版も発行されています。

なぜ社員はやる気をなくしているのか 〜働きがいを生むスポンサーシップ〜
会社が変われない本質的な理由は「社員のやる気や働きがい」を妨げているリーダーシップのあり方や仕事にまつわる「価値観」にある。
人の考える力を奪ってきた既存の価値観をいかにして「組織を進化・発展させていく価値観」に変えていくか、内発的動機を引き出すプロセスをどのようにしてつくり込んでいくか。バージョンアップした最新のスコラ式風土改革の方法を紹介。



『人事が変われば、会社は変わる』
空
空
『人事が変われば、会社は変わる』
『人事が変われば、会社は変わる』
【著者】香本裕世
【発行】日本経済新聞出版社/2007年
【価格】本体1,785円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

企業変革を促進する「現場支援型人事」の取り組みとは?
経営のパートナーとして人事に求められる役割のひとつに、組織的な「変革の準備」があります。経営と一体になって、人事が変革のためにやるべきことは何か。経営の戦略・施策とのリンク、マネジメントのあり方・個人のあり方を変えていくための支援策、人事そのもののあり方や仕事のしかたを変えるための取組みなど、それらが相互に響き合って、人事の手がける制度や研修、仕事のしかたが変わっていくプロセスをストーリーで紹介。



<日経ビジネス人文庫>『会社を変える人の「味方のつくり方」』
空
空
『会社を変える人の「味方のつくり方」』
〈日経ビジネス人文庫〉
『会社を変える人の「味方のつくり方」』

【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞社/2006年
【価格】本体667円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

上司、同僚、部下の力を120%引き出す「味方力」は、変革を実行していく中堅世代に不可欠の基礎力。
味方とは、「立場の味方」ではなく「人としてどのような生き方を選択するのか、という価値観、特に人間観、組織観を共有している者同士」のこと。組織の中で、一人では解決できそうにない問題に直面したとき、自分自身そして組織が前進していくための一歩を踏み出せるかどうかは、「味方(上司や仲間)」というセーフティネットがあるかどうかにかかっている。変革のための基礎となる「味方力」に気づき、身に付けていくための生き方ガイド。



<日経ビジネス人文庫>『トヨタ式最強の経営 〜なぜトヨタは変わり続けるのか〜』
『トヨタ式最強の経営-なぜトヨタは変わり続けるのか』
〈日経ビジネス人文庫〉
『トヨタ式最強の経営-なぜトヨタは変わり続けるのか』
【著者】柴田昌治・金田秀治
【発行】日本経済新聞社/2006年
【価格】本体695円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

勝ち続けるトヨタの秘密、風土・体質、DNAに初めて迫った話題の書が文庫に!
「トヨタ的強さ」をつくり上げているものは何か。を明らかにしていくことは、「日本的経営の強さ」を探ることでもある。両著者がそれぞれの視点と経験でトヨタ的強さの解明を試み、アングロサクソン的な経営手法を型どおり取り入れるのではなく、日本企業のもともと持っていた強さに目を向け、今日的なかたちで復活していくことの必要性を投げかけた意欲作。



『トヨタ式で劇的に変わる!自己「カイゼン」仕事術』
『トヨタ式で劇的に変わる!自己「カイゼン」仕事術』
『トヨタ式で劇的に変わる!自己「カイゼン」仕事術』
【著者】柴田昌治
【発行】PHP研究所/2005年
【価格】952円(税別)
愛読者カードを書く

ビジュアルとともに理解していただけるムックスタイルの本。特に若い世代の皆様にはおすすめです。
本書は「日本的改革」に取り組んできたスコラ・コンサルトの目を通してトヨタの持つ日本的な良さを抽出し、誰もが学べる仕事の視点・考え方・やり方として、40の切り口でわかりやすく紹介しています。



『トヨタ式「勝つ現場力」〜進化し続ける最強の経営の本質とは〜』
『トヨタ式「勝つ現場力」〜進化し続ける最強の経営の本質とは〜』
『トヨタ式「勝つ現場力」〜進化し続ける最強の経営の本質とは〜』
【著者】金田秀治
【発行】PHP研究所/2004年
【価格】1,400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

企業は、部門戦略展開と現場戦略展開の相乗作用によって勝ち続けることができる。
部門戦略を担うチェンジリーダーを育成する(「超トヨタ式チェンジリーダー」日本経済新聞社刊)一方で、これからの「現場戦略」を担う現場リーダー育成が求められる。20世紀の現場戦略テーマがムダの徹底的排除だったのに対して、21世紀は変種変量市場に対応する「判断生産」が新たな戦略テーマとなる。本書はこれを可能にする新たな強い現場づくりを実現するテキスト。目次より=「現場戦略とは何か」「作業で勝つための現場技術」「現場リーダーは1年で育つ」「判断生産のすすめ」



『フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」−なぜ全社改革は失敗するのか』
『フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」−なぜ全社改革は失敗するのか』
『フィールドブック 学習する組織「10の変革課題」−なぜ全社改革は失敗するのか』
( 原題“The Dance of Change”)
【著者】ピーター・センゲ他
【監訳】柴田昌治+スコラ・コンサルト
【 訳 】牧野元三
【発行】日本経済新聞社/2004年
【価格】3,000円(税別)
プロセスデザイナー コラム
amazonで買う
愛読者カードを書く

変革活動の「成功・失敗」を左右する「10の課題」は、どんな組織の前にも立ちはだかる。
アメリカでも日本でも、変革に取り組む多くの企業は、「変革活動がうまくスタートしない」「いったん盛り上がった活動の勢いを維持できない」という共通の悩みを持っています。この、変化しようとする動きに対して起こる「変化を押し戻そうとする力」にどう対処していけばいいのか。本書は、組織を「生きたシステム」と見なす独自の視点によって発見された「10の課題」と、その対処法を示した根本的解決の書です。スコラ・コンサルト監訳の「フィールドブック」第2弾。



〈日経ビジネス人文庫〉『実践ガイド・企業風土改革の進め方 なんとか会社を変えてやろう』
〈日経ビジネス人文庫〉『実践ガイド・企業風土改革の進め方 なんとか会社を変えてやろう』
〈日経ビジネス人文庫〉
『実践ガイド・企業風土改革の進め方 なんとか会社を変えてやろう』
【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞社/2004年
【価格】571円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

〈風土・体質改革シリーズ〉第2弾が文庫化!
多くの皆様にご愛読いただいている『なんとか会社を変えてやろう』の内容を一部刷新し、改訂版として文庫化。『なぜ会社は変われないのか』の副読本ともいえる本書では、風土・体質改革を実践するための知恵やノウハウをわかりやすく解説しています。



〈日経ビジネス人文庫〉『なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ』
〈日経ビジネス人文庫〉『なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ』
〈日経ビジネス人文庫〉『なぜ会社は変われないのか―危機突破の風土改革ドラマ』
【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞社/2003年
【価格】本体648円+税
amazonで買う
愛読者カードを書く

多くの皆様にご愛読いただいている『なぜ会社は変われないのか』がこのたび完全文庫版になりました。



『フィールドブック 学習する組織「5つの能力」―企業変革をチームで進める最強ツール』
『フィールドブック 学習する組織「5つの能力」―企業変革をチームで進める最強ツール』
『フィールドブック 学習する組織「5つの能力」―企業変革をチームで進める最強ツール』
【著者】ピーター・センゲ他
【監訳】柴田昌治+スコラ・コンサルト
【 訳 】牧野元三
【発行】日本経済新聞社/2003年
【価格】3,000円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

〈学習する組織〉シリーズの中で最も使われている組織学習の実践テキストがついに邦訳。
米国企業再生のカギは、日本の組織が失いつつあるチーム力にあった!
100万部を超えるベストセラーになリ、世界各国で活用されている『The Fifth Discipline フィールドブック』をスコラ・コンサルトが監訳。スコラ・コンサルトが生み育てた日本式の企業風土改革とは生い立ちもアプローチの方法も異なりますが、ベースとなる哲学やめざすものには共通性の多い、米国式ソフト改革の決定版ともいえる入門・実践書です。
「日本は再びリーダーとなることができるだろうか? その答えは、ハード面と人的なソフト面における変革を統合する能力を育てることのなかにあると、私は信じている」
(ピーター・センゲのまえがきより)



講談社ニューハードカバー『40歳から会社で何をするかどうするか』
『40歳から会社で何をするかどうするか』
『40歳から会社で何をするかどうするか』
【著者】柴田昌治
【発行】講談社/2003年
【価格】1,300円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

豊かな「味方」の存在があなたの会社人生を変える。40歳からのビジネスマンが超味方力を身につけるための一冊。
人が変化し成長していくためには、個人の努力に加えて、互いが成長していけるような人間関係、「味方」の存在が不可欠です。周りに受け止めてくれる仲間がいれば、人はもっと自分らしく発言、行動し、変わるための一歩を踏み出すことができるでしょう。人生の折り返し地点に立つ40代のビジネスマンに向けた、会社人生を変える新しい味方論とノウハウを紹介。



『超トヨタ式チェンジリーダー -- 変わり続ける最強の経営』
『超トヨタ式チェンジリーダー -- 変わり続ける最強の経営』
『超トヨタ式チェンジリーダー -- 変わり続ける最強の経営』
【著者】金田秀治
【発行】日本経済新聞社/2003年
【価格】1,400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

変わり続ける経営の原動力とは
「ムダとり」だけでは、トヨタのあれほどの利益は上がらない。変わり続ける経営の原動力は、「部門」を舞台にチェンジリーダー(管理職)が主役となって変化のための活動を回し続けていく「しくみ戦略」にある。
本書は、『トヨタ式最強の経営』の著者がトヨタ方式を発展させて構築してきた「超トヨタ式」というべきしくみ戦略の方法を中心とした、チェンジリーダーのための変化の学習書です。



『「会社を変える」人材開発 プロのノウハウと実践』
『「会社を変える」人材開発』
『「会社を変える」人材開発 プロのノウハウと実践』
【著者】香本裕世
【監修】柴田昌治
【発行】光文社/2003年
【価格】700円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

「人材開発」は組織再生、経営再建にどう機能するのか
「人と組織」にかかわる問題を自分の目と足で見つけ、社員に対するキャリア支援を通じて現場の問題解決を促進していくことで、業績が上がる職場風土をつくっていく――。応用編のケーススタディでは、人事畑をひと筋に歩いた著者の実践体験をベースに、人材開発業務を通じた組織・人材再生のプロセス、ノウハウをシミュレーションしています。



『「ここがおかしい!」と言えるサラリーマンになる! 一人ひとりが自分の市場価値を高める6つの知恵』
『「ここがおかしい!」と言えるサラリーマンになる! 一人ひとりが自分の市場価値を高める6つの知恵』
『「ここがおかしい!」と言えるサラリーマンになる!一人ひとりが自分の市場価値を高める6つの知恵』
【著者】柴田昌治
【発行】中経出版/2002年12月
【価格】1,400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

これからのビジネスには今までよりもはるかに多くの知恵が必要。
自分の頭で考える力を求められる時代に、どう考え、どう行動すれば仕事の成果、全体利益を上げられる人材になるか。自分が仕事の主人公になり、労働市場での価値を高めていくための6つの知恵を紹介。



『会社を変える「日本式」最強の法則〜創造的な企業体質への変革!』
『会社を変える「日本式」最強の法則〜創造的な企業体質への変革!』
『会社を変える「日本式」最強の法則―創造的な企業体質への変革!』
【著者】柴田昌治
【発行】ダイヤモンド社/2002年
【価格】1,500円(税別)
プロセスデザイナー コラム
amazonで買う
愛読者カードを書く

『コアネットワーク・変革する哲学』(ダイヤモンド社/1994年刊)を大幅に書き直し、タイトルも変更して刷新したリニューアル版
組織の風土・体質問題を克服してオフィスワーカーの生産性を上げ、創造的な体質の組織にしていくためには「変革の方法論のパラダイム転換」が必要。コアネットワークで展開していく「日本式変革」の方法論と実践のアプローチをわかりやすく紹介。



『トヨタ式最強の経営 なぜトヨタは変わり続けるのか』
『トヨタ式最強の経営 なぜトヨタは変わり続けるのか』
『トヨタ式最強の経営―なぜトヨタは変わり続けるのか』
【著者】柴田昌治・金田秀治
【発行】日本経済新聞社/2001年
【価格】1,400円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

「トヨタ生産方式」を生んだ高収益企業トヨタの風土・習慣はどのようにして培われたのか
変わり続けることで成長してきたトヨタには、変革型の人材が自然に生まれ育つ固有の風土・習慣がある。多くの企業の現場で風土・体質改革に取り組んできた柴田昌治と、トヨタグループ企業に30余年身を置いてモノづくりのシステム構築に携わってきた金田秀治がそれぞれの知識と経験を重ね合わせてトヨタウェイの解明に取り組み、「日本的改革の方法としてスタンダード化を試みた意欲作。



風土・体質改革シリーズ3部作
『なぜ会社は変われないのか 危機突破の企業風土改革』
『なぜ会社は変われないのか 危機突破の企業風土改革』 『なぜ会社は変われないのか―危機突破の企業風土改革』
【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞社/1998年
【価格】1,600円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

プロセスデザインによる変革が疑似体験できる企業ドラマ
わかりにくい風土・体質改革に明快な実践の道を開いた話題の書。
「まるでうちの会社みたいだ」と多くの読者の共感を呼んだ"変わらない会社"が、いかにして経営の危機を脱していったのか?



『《実践ガイド》なんとか会社を変えてやろう』
『《実践ガイド》なんとか会社を変えてやろう』
『《実践ガイド》なんとか会社を変えてやろう』
【著者】柴田昌治
【発行】日本経済新聞社/1999年
【価格】1,200円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

『なぜ会社は変われないのか』に続くシリーズ第2弾!
哲学なき改革から本質を問う改革へ、人間観察から生まれた実践的な改革の思想とアプローチ方法で、足踏みする世の改革に突破口を開く実践書。



『《ケーススタディ・企業風土改革》ここから会社は変わり始めた』
『《ケーススタディ・企業風土改革》ここから会社は変わり始めた』
『《ケーススタディ・企業風土改革》ここから会社は変わり始めた』
【著者】柴田昌治 編
【発行】日本経済新聞社/1999年
【価格】1,500円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

風土・体質改革シリーズ第3弾!
変革の現場の生々しい声、ドラマを再現しながら、経験豊かなプロセスデザイナーたちが実践ノウハウを体系的に整理して解説。
執筆にかかわったプロセスデザイナー:相原真弓、荻阪哲雄、荻田由紀、刀祢館ひろみ、長野恭彦、元吉由紀子




『企業を変える「不安定化理論」』
『企業を変える「不安定化理論」』
『企業を変える「不安定化理論」』
【著者】金田秀治
【発行】ぱる出版/1997年
【価格】2,200円(税別)
愛読者カードを書く

業界の常識を超える変化を起こさなければ企業は勝ち残れない。
トヨタ生産方式の構築過程をベースにして、パラダイムシフト活動を整理し、わかりやすい解説。



『一年後に差がつく 新人の仕事マニュアル』
『一年後に差がつく 新人の仕事マニュアル』
『一年後に差がつく新人の仕事マニュアル』
【著者】株式会社エデュコンサルト
【発行】同文館出版/1998年
【価格】1,300円(税別)
amazonで買う
愛読者カードを書く

ビジネス社会に飛び立つ新人向けのバイブル
一つひとつの行動や意識で差をつけ、「自分の付加価値を高める」ためのマニュアルが凝縮。


ビデオ、カセットテープ出版物情報
Copyright (C) 2014 Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.個人情報保護方針
? サイトマップ
このサイトから検索 WWW 検索