対話・コミュニケーション|スコラ・コンサルト

「こうすればうまくいく」という解決方法が存在しない今日の難課題。
スコラ式の課題解決アプローチは、挑戦するチームの力を高め、変化する状況の中で「試行錯誤」を通じて解決の条件を積み上げていくプロセスデザインの進め方が特徴です。

「人と組織のつながり」でバリューチェーンを機能させる

Phase.1 人と組織の「つなぎ役」 を見いだす 1.事業全体をみてバリューチェーンの最適化を進めていける「つなぎ役」を見いだす 2.スポンサー(バリューチェーン最適化の責任者)を決める 3.“つなぎ役”のチームとしての基盤をつくる Phase.2 自分たちの バリューチェーンの〈ありたい姿〉を描く…

部門が主体となって進める方針の共有と展開

Phase.1 全社方針をローカライズする 1.全社方針に基づき、ローカルビジョン・方針をつくるユニット内経営層(事業部長・部長)で全社方針を受けて、BU方針・ビジョンを描く 2.ビジョン・方針をユニットトップが自分の言葉で伝える3.ビジョン・方針を実現する「何をもって」(指針・転換手段)の明確化…

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録