「個を生かすマネジメント」のシステムをつくる|スコラ・コンサルト

 日本企業の課題解決 

ダイバーシティ

「個を生かすマネジメント」のシステムをつくる
Phase.1 個々の能力と仕事の成果をつなぐ

1.会社の「めざすもの」を理解する

2.個々の強みを「仕事の能力」に転換する

3.協働のフォーメーションで生かす

Phase.2 「個を生かす」マネジメントを学ぶ【次世代マネジメントのトレーニング】

1.個の強みを「見つける・育てる・生かす」マネジメントの学習

2.課題チャレンジチームの取組みにスポンサーシップを発揮する

3.チームで取組みをレビュー&検証する

Phase.3 協働の成果を評価に落とし込む

1.〈好事例〉の全社共有を通じて「評価基準」をつくる

2.制度に評価基準を組み込んで運用、見直しを続ける

Phase.4 「新しい成果の出し方」を会社のものにする

1.定期で「事例共有オフサイト」を実施

2.事例にみる「成果の型とシナリオ」を組織の財産として蓄積する

3.〈チーム版〉評価面談シートを作成、運用する

対象:人事、部課、支店

関連コラム 

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録