働き方改革|スコラ・コンサルト

「こうすればうまくいく」という解決方法が存在しない今日の難課題。
スコラ式の課題解決アプローチは、挑戦するチームの力を高め、変化する状況の中で「試行錯誤」を通じて解決の条件を積み上げていくプロセスデザインの進め方が特徴です。

“見えないムダ”削減で〈働き率100〉の仕事をめざす

Phase.1 〈ムダ取り〉の気運をつくる 1.活動推進のコアチームをつくる 2.部門・部のトップが仕事改革の意思表明をする 3.〈働き率100〉の意味・目的を考え、ビジョンを描く...

働き方の根っこにある「仕事観」を転換する

Phase.1 これまでの仕事観・人生観をあぶり出す 1.個々の「仕事観・人生観」を知る 2.「これまでの働き方」の根底にある仕事観を言語化する...

人と組織のつながり」でバリューチェーンを機能させる

Phase.1 人と組織の「つなぎ役」 を見いだす 1.事業全体をみてバリューチェーンの最適化を進めていける「つなぎ役」を見いだす 2.スポンサー(バリューチェーン最適化の責任者)を...

「本当に重要な2割の仕事」に集中する〈仕事バラシ〉

Phase.1 自分たちのミッションを再定義する 1.自分の仕事のミッション(存在意義)を明確にする Phase.2 「本当に重要な仕事」と「やめる仕事」を明確にする...

「違いを価値に変える」仕事の仕方に転換する

Phase.1 「組織の多様性」の実態をつかみ共有する  ・ダイバーシティの状態をみるアンケート実施と結果の共有 ・「違い」にみる仕事の仕方の問題を共有する...

女性インクルージョンの商品・サービスづくり

Phase.1 推進チームをつくる  1.取り組みの「目的とゴール」を女性社員と一緒につくる  2.「現状」を認識しゴールに向かうための「課題」を見つける...

「個を生かすマネジメント」のシステムをつくる

Phase.1 個々の能力と仕事の成果をつなぐ  1.会社の「めざすもの」を理解する  2.個々の強みを「仕事の能力」に転換する...

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録