次世代人材育成|スコラ・コンサルト

「こうすればうまくいく」という解決方法が存在しない今日の難課題。
スコラ式の課題解決アプローチは、挑戦するチームの力を高め、変化する状況の中で「試行錯誤」を通じて解決の条件を積み上げていくプロセスデザインの進め方が特徴です。

「個を生かすマネジメント」のシステムをつくる

Phase.1 個々の能力と仕事の成果をつなぐ 1.会社の「めざすもの」を理解する 2.個々の強みを「仕事の能力」に転換する 3.協働のフォーメーションで生かす Phase.2 「個を生かす」マネジメントを学ぶ【次世代マネジメントのトレーニング】 1.個の強みを「見つける・育てる・生かす」マネジメントの学習…

経営がチームで方向性を定め、次世代人材育成をリードする

Phase.1 役員の現状認識を合わせる 1.推進事務局をつくる 2.役員の個別インタビュー(歴史、思い、ありたい姿と現状) 3.立場を離れてフラットに話し合う場をつくる 4.意見・情報をオープンに出し合い、チームの共通認識を形成する 5.積年の課題への対応を一緒に考える…

「統合組織の存在意義」を価値向上につなげる

Phase.1 統合で価値が高まる各社のトリガーを見つける 1.合併の必然的背景と各社のコアコンピタンスを知り合う 2.グループの「未来像」を問い直し確認する 3.各社の強みを共有し、役割を再定義する Phase.2 各社で事業・組織の〈ありたい姿〉を描く 1.市場・顧客の情報から自社の強みを知る…

自分たちの組織を自力で良くする「組織開発」の技術を獲得する

Phase.1 組織開発の実践者〈プロセスデザイナー〉を育てる 全社事務局、部署内事務局・実践者の「組織開発」知識・技術を養成する 1.組織開発をトータルにプロデュースする事務局を設置する 2.職場における組織開発実践者となる人材を集める 3.組織開発の知識と実践技術を養成する…

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録