方針共有と展開|スコラ・コンサルト

方針共有と展開

変化する環境の中で次々に新たな経営課題が生まれ、方針共有や展開にも新しいアプローチが必要になっています。方向性は示せても実現の道筋があいまいな方針の展開は、現場が仮説を立てて試行した結果を反映していく「つくり込み型」。主体的に方針を担う現場とそれを支援する経営層の大きなチームで、ダイナミックな方針展開のプロセスを実践します。

部門が主体となって進める方針の共有と展開

Phase.1 全社方針をローカライズする 1.全社方針に基づき、ローカルビジョン・方針をつくる ユニット内経営層(事業部長・部長)で全社方針を受けて、BU方針・ビジョンを描く...

「ゆらぎ型」方針展開アプローチで未来テーマに挑戦する

Phase.1 方針を自分たちのものにする(主体的な当事者になる) 1.ミドルマネジメントの関心の範囲を広げる 2.方針について自ら考え意志を持つ...

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録