子会社の自立|スコラ・コンサルト

子会社の自立

親会社の下請けから戦略パートナーへ。子会社が内向きの依存体質から脱却して存在価値を高めていくためには、経営陣が一枚岩になって自社の存在意義や役割を本気で議論することが出発点。その意志と方向性を社員に示しながら、新たなミッション・ビジョンづくりを各階層で進め、改革のコアとなる人材を巻き込んで現場からもムーブメントをつくります。

「子会社」を乗り越えて「競争力あるパートナー」になる

Phase.1 親会社依存の現状を自覚する 1.現状を分析し、問題を構造化する Phase.2 経営層が一枚岩になって考える 1.話し合える関係づくりとチームビルディング 2.グループにおける存在意義を問い直し…

部門横断イノベーションによる攻めの経営体質づくり

Phase.1 変革の基盤と意志の形成 1.意志ある推進体制をつくる 2.トップによる改革のメッセージづくりと発信 3.経営と改革に対する信頼を高める Phase.2 部門横断で「改革の当事者」を育てる…

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録