自分たちの組織を自力で良くする「組織開発」の技術を獲得する|スコラ・コンサルト

 持続する風土改革 

トータルシステム組織開発

自分たちの組織を自力で良くする「組織開発」の技術を獲得する
Phase.1 組織開発の実践者〈プロセスデザイナー〉を育てる

全社事務局、部署内事務局・実践者の「組織開発」知識・技術を養成する

1.組織開発をトータルにプロデュースする事務局を設置する

2.職場における組織開発実践者となる人材を集める

3.組織開発の知識と実践技術を養成する

Phase.2 経営層自らが経営チームの組織開発に取り組む

対話ができる経営層の関係性構築、経営理念や価値観と企業ビジョンの共有、
経営者の役割認識などを通じて「経営チーム機能」を取り戻す

1.経営ビジョンや事業戦略を創出、実現する組織をつくる「組織開発」の意義を理解する

2.経営層が対話を通じて目的を共有し、相互信頼に基づいた協力関係をつくる

3.経営ビジョン実現に向けた各自の役割を再確認し、トップマネジメントの機能を果たす

Phase.3 ミドルマネジメント層の「組織開発リテラシー」を高める

日々の職場マネジメントに組織開発を取り入れ、組織開発が進むための職場環境をつくる

1.事業ビジョンや戦略を実現、実行する組織をつくる「組織開発」の意義を理解する

2.「組織開発」の基礎知識を学び、技術を習得できる研修の場を設ける

3.日常のマネジメントに組織開発の技術を生かし、実践する

Phase.4 創造的な「対話」の習慣を広げる

事実・実態・本音で対話ができる「安全」な環境を職場の中につくり、
仕事を進めるための対話が日常的にできるようにする

1.対話の場づくりのスキルをもったコーディネーターを養成する

2.組織開発のベースとなる「対話型コミュニケーション」をメンバー全員が体験し学ぶ

3.ミドルマネジメント層が職場における対話を奨励し、対話の組織習慣を身につける

Phase.5 自分たちの「組織」に目を向ける

対話を通じて、自分たちの組織が抱える問題や〈ありたい姿〉に関心を持ち、
自分たちにとって良い組織とは何かをメンバー全員で考える

1.事業や業務上の問題の背景にある組織的な問題の存在に気づく

2.組織的な問題を引き起こしている要因を探索し、見える化する

3.現状に照らして事業や業務、自職場、組織の〈ありたい姿〉について対話し、考える

Phase.6 組織の〈ありたい姿〉実現に向けた行動を起こす

〈ありたい姿〉の実現に向けた課題の克服、思考・行動原則の転換に取り組む

1.〈ありたい姿〉をめざすために変えなくてはならない組織の課題について対話し、考える

2.課題の中からレバレッジとなる変化影響の大きな課題を見いだし、克服ターゲットにする

3.〈ありたい姿〉の実現に求められる思考・行動原則を「協働ルール」として共有する

対象:組織開発推進部署

関連コラム 

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録