ホワイトカラー生産性向上|スコラ・コンサルト

ホワイトカラー生産性向上

知的生産職場の間接部門が価値を生み出す仕事に集中するためには、“組織社会のつきあい”として当たり前になっている内部調整や保険仕事などの「目に見えないムリ・ムダ」を削減すること、オープンな協力や連携の関係性づくりによって組織の生産性を高めることがポイントです。業種や組織の文化、抱える課題に応じて効果的なアプローチは変わります。

“見えないムダ”削減で〈働き率100〉の仕事をめざす

Phase.1 〈ムダ取り〉の気運をつくる 1.活動推進のコアチームをつくる 2.部門・部のトップが仕事改革の意思表明をする 3.〈働き率100〉の意味・目的を考え、ビジョンを描く...

働き方の根っこにある「仕事観」を転換する

Phase.1 これまでの仕事観・人生観をあぶり出す 1.個々の「仕事観・人生観」を知る 2.「これまでの働き方」の根底にある仕事観を言語化する...

「人と組織のつながり」でバリューチェーンを機能させる

Phase.1 人と組織の「つなぎ役」 を見いだす 1.事業全体をみてバリューチェーンの最適化を進めていける「つなぎ役」を見いだす 2.スポンサー(バリューチェーン最適化の責任者)を決める...

「本当に重要な2割の仕事」に集中する〈仕事バラシ〉

Phase.1 自分たちのミッションを再定義する 1.自分の仕事のミッション(存在意義)を明確にする...

組織の風土改革のご相談、
各種お申込みはこちら
CONTACT US

page top

メールニュース登録