このセミナーで学べること
  • 他企業の人との対話実習を通じて、「安心感のつくりかた」、「深堀りする質問」などが楽しく習得できます。
  • 気楽な雰囲気のオンラインセッションと、講師とのメールのやり取りによるふりかえり学習が好評です。
  • ここで培った対話の技術は、オンラインでもリアルでも活用できます。
こんな方におすすめです
  • 1on1など、個別の面談をもっと気楽に生産的にやりたい方
  • 「対話」のやり方を学びたい方、磨きたい方
  • 苦手意識のあるメンバーとのコミュニケーションに悩んでいる方
  • オンラインでも、双方向のコミュニケーションを大事にしたい方
  • 今のマネジメントのやり方に限界を感じている人
  • 個々を活かし、チーム力を向上させたい人
  • 人間関係の悩みを減らして、楽しく仕事をしたい人

概要

場所WEB開催(WEB会議ツールZoom使用)
お申し込み後、参加用のURLをお送りいたします。
※WEB会議ツールなどに慣れない方は、ご相談ください。可能な範囲でサポートさせていただきます。
日時【第10期】2022年度
5月20日(金)15:00~18:00
6月10日(金)15:00~18:00
7月21日(木)15:00~18:00
8月10日(水)15:00~18:00

【第11期】2022年度
10月18日(火)15:00~18:00
11月 7日(月)15:00~18:00
11月29日(火)15:00~18:00
12月19日(月)15:00~18:00
定員12名
最小開催人数3名
費用全4講セット 38,500円(税込)
※全4講で構成するプログラムです

お申込み・問合せはこちら

お申込みはこちらから

お電話でのお問合せ

03-5420-6251
受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

内容

先行き不透明な時代のなかで、混迷の状況で希望を見出すためには人々が力を合わせることが必要です。価値観も言語も違う人々が力を合わせ、共生していくために必要なものが「対話」だとスコラ・コンサルト対話普及チームは考えています。このプログラムでは「対話」という行為をしながら、自分の認識を観察し、チームマネジメントができるようになるマインドを育てていきます。

特徴

「2015年から続く人気講座」

オンラインでもリアルでも活用できる、対話の技術と理論をわかりやすく解説するレクチャーと少人数での対話セッションで構成する3時間、4講シリーズのプログラムです。気楽な雰囲気のオンラインセッションが好評。他企業の人との対話実習を通じて、「安心感のつくりかた」、「深堀りする質問」などが楽しく習得できます。

プログラム

第1講 対話を観る力、自己分析 [2022年5月20日(金)]

チームマネジメントに必要な、自分自身のあり方と対話の関連性を整理します。

なんとなくされている会話でも、自分はどんなスタンスで発言しているのか、自分と相手はどのモードで話しているのか、そういったことが見える枠組み、つまり「対話を観る眼」を身につけることで、これからの学びに役立てていきます。

・対話を見る眼
・対話の4つのフェーズ
・コミュニケーションの3つのモード
・自分のコミュニケーションスタイルを見る

第2講 心理的安全性をつくるには [2022年6月10日(金)]

人とのよい対話をするためには、「心理的安全性」をつくることが基盤になります。

心理的安全性を阻害する、評価モードや自己防衛を脱して、どうしたら「安心して話せる状態」をつくることができるのか? 「ストローク理論」をもとにしながら、考えていきます。

・ストローク理論と自己分析
・ストローク循環の法則
・自分自身の心理的基盤を高める
・「ない前提」と「ある前提」

第3講 固定観念を超える質問力 [2022年7月21日(木)]

対話は、お互いが持つ価値観を大事にしながらも、自分の気持ちや考えに固執する呪縛を超えていかなくてはなりません。

思い込みから抜け出し、いまここの事実・実態から大事な情報を顕在化させ、そこから新たな気づき、発見、創造的なものを生み出していく質問の方法を学んでいきます。

・思い込み・建前と事実・実態
・未知探求型の質問力
・「推論のはしご」
・背景質問と未来質問

第4講 創造的な解を生み出す統合力 [2022年8月10日(水)]

3名以上での対話のポイントを解説します。

人の多様性を活かし、グループのダイナミクスを起こすために、それぞれの違いを統合していく観点を身につけます。

自分のコミュニケーション変容の可能性・方向性を認識していただき、今後の研鑽の足掛かりにしていきましょう。

・多様性を活かす対話・・・オープン、フラット、フレキシブル
・対話を円滑にする、個人のポジション
・対話を阻害する「ランク」の存在
・ORからANDの発想に切り換える

プロセスデザイナー

髙木 穣YUTAKA TAKAKI

組織変革への重要なファクターである、”場”づくりのプロフェッショナル。“場”の空気を読んだ振る舞いで”安心感”を醸成し、互いに自然体で話し合える”場”を創り出す。その技はスコラの中でもトップクラス。

刀祢館 ひろみHIROMI TONEDACHI

どれほどタフな状況でも物事のポジティブな部分に目を向け、明るい未来をつくることを決してあきらめない

高木 明子MEIKO TAKAKI

クライアント側の立場に立った判断基準を大切にして、丁寧な仕事を心がけている。 気づかいと問題点の把握・アイデア発想が強み。

参加者の声

「ありがとう」を大切にして、仕事もプライベートも過ごしていきたいと思います。

卸売業 | 20代さん

他社の方と交流できる機会はあまりないので、最初は緊張しましたが、皆さま明るい方々で、リラックスして話すことができ楽しかったです。

公共サービス 管理部 採用担当 | 40代さん

『対話』の大切さ、持っているパワー、社会・会社を変える可能性を感じることができました。自分の対話能力を磨いて、一人でも多くの人と未来を創造できたらいいな、と思っています。

電機メーカー管理職 | 50代さん

日頃、自分へのプラスストロークがほぼ無かったため、マイナスストロークが溜まっていることに気づきました。周りへの好循環を作るためにも、もう少し自分を褒めてあげようかと思います。

公共サービス業 | 40代さん

「産業カウンセラー」と「キャリアコンサルタント」の資格試験で カウンセリング手法を学んでいましたが、長期間その経験から離れ、「出来るつもり」でいた自分に気づきました。 「対話」は日々鍛錬だと改めて実感しました。

人材開発部 | 40代さん

初対面の人とオンラインで話をするのはすごく緊張しましたが、プラスのストロークをたくさん出していただけたので気持ちよく話をすることができました。

製造業|研究所スタッフ | 30代さん

対話コミュニケーションの考え方と振る舞いについて整理できました。自分自身に固定観念があった事がよくわかりました。

製造業|営業部門マネージャー | 50代さん

普段、会社ではネゴを含めた予定調和が多く自由な発想・対話を生み出すトレーニング不足であることにも全回を通して改めて痛感させられました。

IT業|チーム力向上スタッフ | 40代さん

講師が時折交える少し愉快な実体験や実例などで雰囲気の良いセミナーで毎回楽しみでした。

製造業|管理職 | 40代さん

自身、あまり得意としない対話について、仕事をする上で大切だし、必要なのでこれから真剣に考えていくこととします。

製造業|教育担当 | 50代さん

初めて話すメンバーとコミュニケーションすることで、自分の考え方を変えてくれる、深めてくれているなと感じました。異業種の方々と交流できたことも楽しかったです。

公共インフラ業|管理職 | 40代さん

お申込み・問合せはこちら

お申込みはこちらから

お電話でのお問合せ

03-5420-6251
受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)