このセミナーで学べること
  • ひとりひとりが孤立しがちな組織のなかで、「心理的安全性」をつくるために必要な対話の基本的な知識とスキルが学べます。
  • 自分の所属する組織で「オフサイトミーティングをはじめてみよう!」という自信が培えます。
  • 楽しく演習をするなかで、参加者同士のつながりが生まれます。
こんな方におすすめです
  • 心理的に安全な話し合いのコーディネートができるようになりたい
  • オンラインで、オフサイトミーティングをコーディネートする基本スキルが学びたい(準備のし方・はじめ方・回し方・まとめ方・心がまえなど)
  • 部門間が分断されていて、お互いが見えにくく悩んでいる
  • 年代の異なる人の気持ちがわからずに悩んでいる
  • 自分自身のコミュニケーション能力を向上させたい
  • 仕事に対話をとりいれてチームワークをよくしたい
  • ギスギスした雰囲気、お互いに無関心な職場をなんとかしたい
  • 会社や組織をよくしたい、仕事を楽しくやりたい
  • 仲間がほしい、気楽な場がほしい、思うままに話したい
  • テレワーク時代のコミュニケーションの手法を学びたい

概要

場所オンライン(Zoom使用)
お申込み後、参加用のURLをお送りいたします。
※WEB会議ツールなどに慣れない方は、ご相談ください。可能な範囲でサポートさせていただきます。
日時・2022年9月20日(火)13:00~18:00解説&実習〈第1部・第2部〉、10月17日(月)16:00~18:00ふりかえり会

・2022年12月16日(金)13:00~18:00解説&実習〈第1部・第2部〉、2023年1月12日(木)16:00~18:00ふりかえり会
定員6名
4名以上で実施を決定します
費用55,000円(税込/1名)
※1部・2部・ふりかえり会セットです。

セミナー参加はこちら

お申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ

03-5420-6251
受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)

内容

ひとりの力をチームの力に・・・現代の組織には対話コーディネーターが必要です

「コミュニケ―ションの質と量に不安を抱える」現代だからこそ、「質の高い話し合い」のノウハウを組織に取り入れることで、人と人との温度感あるベーシックなつながり、状況変化に対応した柔軟なチームマネジメント、そして、新たな時代に向けたビジネス再検討に取り組むことができます。対話コーディネーター講座(初級・中級・上級)は、そんな時代に必要な仕事の対話力を体系的に実践的に学習するプログラムです。

対話コーディネーターの基本は、初級編で学ぶ、参加者が安心してものを言える環境づくりです。その心理的安全性のベースをふまえて、中級編、上級編では、多様な意見のひきだしかた、新たな発想を生み出す進め方、合意形成、無意識の壁、一人ひとりの特性発揮によるチームパフォーマンス向上、自律的なチームづくりを扱います。

参考図書

book1

オフサイトミーティング 仕事の価値を高める会議

スコラ・コンサルト 対話普及チーム 刀袮館 ひろみ・若山 修

特徴

いま、企業や組織は世代間ギャップや部門間の分断という従来の課題に加え、働き方や働く価値観が多様化する現代ならではのコミュニケーションの難しさにも直面しています。本講座では、ひとりひとりが孤立しがちな組織のなかで、「心理的安全性」をつくるために必要な対話の基本的な知識とスキルが学べます。組織に「心理的安全性」があることが、メンバーの成長実感や達成感を後押しし、エンゲージメントの向上にも寄与します。

プログラムの特徴

・Zoomを使用して、オンラインで実施します。
・4~6名のチーム学習を基本としています。ミュートを解除し、お互いの顔が見える状態で、ご参加ください。
・半日5時間の長丁場となります。当日の進み具合に合わせて、適宜休憩を取りながら進行します。
・スコラ・コンサルトからの情報提供ののち、参加者の皆さんでコーディネーター体験をしていただきます。
・和気藹々とした雰囲気のなか、お互いにフィードバックをするなど、楽しみながら学んでいただけます。
・半日講座ののちに、「ふりかえり会」を実施します。実際に職場などで実践してみてどうだったか、そのときに生じたお悩みなどを持ち寄って、さらに学習効果を高めます。

プログラム

第1部 対話コーディネーターの基本スキルと心得(情報提供)

「組織に心理的安全性が欠かせない理由と対話コーディネーターの役割とは?」

オフサイトミーティングを続けて30年のスコラ・コンサルトの知見に基づき、コーディネートの基本スキル(準備のし方・はじめ方・回し方・まとめ方・心がまえなど)、組織における対話コーディネーターの必要性を解説します。

第2部 ジブンガタリ・オモイガタリをコーディネートしよう(実習)

4~6名の参加者で、順番にコーディネートを経験します。参加者同士ならびに講師からのフィードバックを受けることによって、相互学習のなかでコーディネーターとしての体感値やスキルを身につけていただきます。

プロセスデザイナー

髙木 穣YUTAKA TAKAKI

組織変革への重要なファクターである、”場”づくりのプロフェッショナル。“場”の空気を読んだ振る舞いで”安心感”を醸成し、互いに自然体で話し合える”場”を創り出す。その技はスコラの中でもトップクラス。

刀祢館 ひろみHIROMI TONEDACHI

どれほどタフな状況でも物事のポジティブな部分に目を向け、明るい未来をつくることを決してあきらめない

高木 明子MEIKO TAKAKI

クライアント側の立場に立った判断基準を大切にして、丁寧な仕事を心がけている。 気づかいと問題点の把握・アイデア発想が強み。

参加者の声

●新入社員の本音が聞けるようになりました 
新入社員への定期フォロー面談では、雰囲気をやわらげようと雑談を心がけていたのですが、当たり障りない話が続くだけで、本当に困っていることを聞けていないような気がしていました。講座で学んだ、面談の目的を最初に伝えることや、自分のことを話してコミュニケーションが双方向になるようにと意識して臨んでいたら、いつのまにかざっくばらんになり、「じつは・・・」という話も聞けるようになりました。

人事部門スタッフ | 

●次のシナリオづくりにワクワクしています 
本日、当社のある事業部門でオフサイトミーティング・コーディネーター
デビューを果たしました。ジブンガタリ+モヤモヤガタリで、7人相手に4時間30分ほど楽しんできました。場所は外部会議室です。
不思議と緊張もなく、リラックスして臨めましたが、口から生まれた僕はしゃべりを抑えるのが大変でした。続きをやろうということになっていて、そのシナリオづくりが楽しみです。次は、今日出てきたモヤモヤを深掘りしてみようかなと考えています。

本社部門管理職 | 

セミナー参加はこちら

お申込みはこちらから

お電話でのお問い合わせ

03-5420-6251
受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)